スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

新規就農マニュアル【農業転職法】 新規就農の落とし穴(1) 

  新規就農の落とし穴の一つは、農業では儲からない土地に移住してしまうことです。

  就農地、つまり移住先を選ぶにあたり、多くの人が基準にすることは
  「その土地の人々が、自分を受け入れてくれるかどうか」です。

  農業で稼ぎやすいかどうかを基準に移住地を選ぶ人は、ほとんどいないのです。


  初めて田舎暮らしをする者にとって、田舎社会との付き合いは、一種の恐怖ですよね。


  よそ者だといって、嫌われはしないか。とか

  変なことをしでかして、村八分にはりはしないか。とか

  隣の人が、勝手に家に上がってきたりしたら、どうしよう。


  数々の心配があると思います。

  ですから、「自分を受け入れてくれる土地」に移住するということは大事です。
  しかし、「自分を受け入れてくれる土地」が「農業で稼ぎやすい土地」とは、限りません。

  むしろ、「農業で稼ぎにくい土地」である場合のほうが、多いのです。



  都会から移住者を積極的に受け入れる土地というのは、どういう土地でしょうか?
     ↓
  人口が減ってしまい、困っている地域です。


  その土地では何で人口が減ってしまったのでしょうか?
     ↓
  お金を稼ぐことが難しいからです。



  農業が盛んな土地であるならば、お金が稼げずに人口が減るということは、有り得ないことなんです。



  つまり、農業で稼ぐのが難しい土地であるほど、住民は減り、外部からの移住者に頼らざるを得ないから、
  移住者への支援制度を整えたり、手厚い援助を与えたりするのです。

  農業で儲かっている土地ならば、跡継ぎもいますから、わざわざ外部から人を呼ぶこともありません。

  農業で儲かっている土地は、支援制度は充実していない場合が多いのです。



  ところが多くの新規就農者は、そこが「農業で稼ぎやすいか」というところには目がいかず、
  「支援制度が整っているか」「支援制度が整っていないか」といった部分だけを見てしまうのです。


  その結果、目先の支援制度につられて、
  農業では稼ぎにくい土地に移住する新規就農者が続出してしまうのです。

  その土地に代々住み続ける農家が離農し、人口が減っている状況なのですから、
  そんな土地で新規就農者が稼ぐのは、並大抵のことでは出来ません。



  この落とし穴に落ちてしまう人は、
  自治体などが主催する「農業フェア」のような田舎移住イベントを通じて就農している場合が、多いのです。

  自治体が参加するイベントは、新規就農者に成功してもらうことが、一番の目的ではありません。
  (もちろん、イベント主催者に直接尋ねたら否定するに決まっていますが)


  イベントの一番の目的は「自治体への移住者を増やすこと」です。


  田舎移住イベントの、最も大切なお客様は
  「都会に住む新規就農希望者」ではなく、「過疎化に悩む自治体」です。

  ですから、イベントを通じて就農すると、多くの場合は、
  過疎化の進んだ、移住支援制度の手厚い地域に移住し、農業をはじめることになります。

  その結果、夢に溢れた農業生活は、数年の努力の後、失敗に終わってしまうことになるのです。

  あまりに、「農業で稼ぐ」といった点からは、不利な土地に移住してしまうからです。



 「農業では稼ぎにくい土地に移住してしまうこと」
  
  これが新規就農の、一つ目の落とし穴です。

新規就農マニュアル【農業転職法】
| 新規就農マニュアル【農業転職法】 新規就農の落とし穴(1)  | - |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

新規就農マニュアル【農業転職法】 農業で稼げる人と、稼げない人の違いとは?

 「農業では生活できない」というのは、嘘だと言いました。

  では、農家にさえなれば何百万円もの収入が「保証」されているのかというと、
  当然そんなことは、ありません。

  当たり前のことですが、稼げる農家もいれば、稼げない農家もいます。

  全くの素人から農業へと転職し、1年後には数百万円の年収を得る人もいれば、
  5年間続けても年収100万円以下という人だっているのです。


  両者のスタートラインは同じです。


  両者とも、農業知識は全く無い、農業経験も全く無い、用意した自己資金の額も同じ程度。
  なのに数年経てば、片や数百万円を稼ぎ、片や数十万円を稼ぐのがやっとという有様です。


  この差は一体、何なのでしょうか。


  努力でもありません。真面目さでもありません。才能でもありません。

  農業で稼げない人は、新規就農の落とし穴に、落ちてしまっているのです。

  稼げる人は、意図的にしろ、意図的ではないにしろ、落とし穴に落ちずに就農しているのです。

  新規就農が成功するか否かは「本人の頑張り」「努力」「自己資金の額」といった諸条件以上に、
  ある幾つかの「落とし穴」に落ちないかどうか、ということが重要になってくるのです。



  では、新規就農の失敗原因となってしまう「落とし穴」には、どんなものがあるのでしょうか。

   新規就農マニュアル【農業転職法】つづきはこちらをクリック!!
| 新規就農マニュアル【農業転職法】 農業で稼げる人と、稼げない人の違いとは? | - |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

新規就農マニュアル【農業転職法】  農家になれば・・・

 あなたは、家族の顔を全く見れないほど、働かなくてもいいんです。

  あなたは、満員電車に詰め込まれて、毎日通勤しなくてもいいんです。

  あなたは、嫌な相手に頭を下げて、ストレスを溜めなくてもいいんです。

  あなたは、誰のためになるのか分からない仕事をしなくても、いいんです。

  あなたは、35度もある真夏日に、ネクタイとスーツに身を固めなくてもいいんです。



  農家になれば、太陽の下で働くことができます。

  農家になれば、毎日家族と夕食をとることができます。

  農家になれば、満員電車で通勤する必要もありません。

  農家になれば、広々とした庭付き一戸建ての家に住むことができます。

  農家になれば、きれいな空気と、きれいな水の中で、子供を育てることができます。



  ・・・・・・などと並べると、一見いいこと尽くめのようですが、
  サラリーマンを辞めて農家になろうと決断する人は、決して多くありません。


  その理由として挙げられるのは農業では生活できないということです。


  農業は厳しい、儲からない仕事。
  ましてや、全くの素人が始めて、生活できるほどの収入を稼げるわけがない。
  農業高校や、大学の農学部を出たわけでもない、ただの素人が農家になんか、なれるわけがない・・・


  結論から言います。これは嘘です。


  全くの素人から農業を志して、1〜2年で、数百万円の年収を稼いでいる人は、珍しくありません。
  中には1000万円以上、農業だけで稼ぐ人も、存在しているのです。


  ならば、なぜ農家になろうという人は少ないのか。


  理由は「農家になる方法を知らないから」に過ぎません。

  都会で生まれ育った人にとっては「大学に入学する方法」「会社員になる方法」は知っていても、
  「農家になる方法」なんて、考えたこともないでしょう。

新規就農マニュアル【農業転職法】
| 新規就農マニュアル【農業転職法】  農家になれば・・・ | - |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

新規就農マニュアル【農業転職法】 新規就農の落とし穴(2)

 二つ目の落とし穴。それは、新規就農とは「起業」であるということの、意識の欠如です。

  農林水産省が発表した、2007年度の新規就農者についての調査統計があります。
  
  この調査によると、2007年度に新規就農した人は、81030人。


  そのうち、「自営農業就農者」、すなわち実家の農業を継いだ人が72350人(全体の89.3%)。

  「雇用就農者」、すなわち農業法人の従業員となった人が6510人(全体の8.0%)。

  そして「新規参入者」、すなわちゼロから始めた人が2180人(全体の2.7%)。


  これらは皆、「新規就農者」ですが、実態は大きく違います。



  実家の農業を継ぐという人は、もともと畑・機械・道具は揃っています。

  農業法人に勤める人は、サラリーマンとして農業をやっています。

  そのどちらでもない人。

  田舎に何のコネも無く、全くのゼロから農業をはじめようという人は、
  新規就農者81030人のうち、たったの2180人しかいないのです。



  これを言い換えると、2007年度の新規就農者81030人のうち、


  72350人は、「自営業を継ぐ」

  6510人は、「従業員になる」

  2180人は、「起業する」ということなのです。


  もし、あなたの実家が農家ではないのならば。
  あなたが農業をはじめるということは起業するということなのです。



  ところが、実際に農業をはじめる人で、「起業」という意識を持っている人は少ないのです。

  ほとんどの人は、「起業」しているという意識もないまま「起業」しているのです。


  しっかりと農業の勉強をしてから新規就農する人でも、
  「起業」という観点が欠けていることは、珍しくありません。


  先ほどの統計にもあったように、新規就農者の多くは「実家の農業を継いだ人」です。

  その人たちは経営をする必要はありますが起業する必要はありません。
  

  日本の農家は、99%が実家の農家を継いだ人で、自分の代で農業を始めた人ではありません。

  彼らが必要とするのは「経営」に関する情報です。「起業」に関する情報は、いらないんです。

  「1」を「2」や「3」や「10」にする知識は必要ですが、「0」を「1」にする知識は、必要ないのです。

  普通の農家は、始める段階で「1」の状態は、そろっているんです。

  つまり、畑も機械も道具も最低限はそろっている状態にあるのですから、
  「0」から「1」に進む、起業に関する技術は必要ないのです。



  しかし、ゼロからはじめる新規就農者に求められている知識は違います。
  私たちに必要なのは「0」から「1」に進むステップです。

  農業に関する書籍の多くは、農業「経営」の本であり、農業「起業」のものでは、ありません。
  勉強を重ねて、「経営」にいくら詳しくなっても、「起業」ができるわけでは、ありません。


  農業「経営」の勉強ばかりを重ね、「0」から「1」に進む段階で失敗してしまう人は、多いのです。

  「起業」という観点から勉強をしている人は、ごく少数の新規就農者だけなのです。

 
  
  「起業という自覚なしに、起業していること」
  
  これが新規就農の、二つ目の落とし穴です。

新規就農マニュアル【農業転職法】
| 新規就農マニュアル【農業転職法】 新規就農の落とし穴(2) | - |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ
| 1/1PAGES |