<< 新規就農マニュアル【農業転職法】 農業で稼げる人と、稼げない人の違いとは? | TOP |

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

新規就農マニュアル【農業転職法】 新規就農の落とし穴(1) 

  新規就農の落とし穴の一つは、農業では儲からない土地に移住してしまうことです。

  就農地、つまり移住先を選ぶにあたり、多くの人が基準にすることは
  「その土地の人々が、自分を受け入れてくれるかどうか」です。

  農業で稼ぎやすいかどうかを基準に移住地を選ぶ人は、ほとんどいないのです。


  初めて田舎暮らしをする者にとって、田舎社会との付き合いは、一種の恐怖ですよね。


  よそ者だといって、嫌われはしないか。とか

  変なことをしでかして、村八分にはりはしないか。とか

  隣の人が、勝手に家に上がってきたりしたら、どうしよう。


  数々の心配があると思います。

  ですから、「自分を受け入れてくれる土地」に移住するということは大事です。
  しかし、「自分を受け入れてくれる土地」が「農業で稼ぎやすい土地」とは、限りません。

  むしろ、「農業で稼ぎにくい土地」である場合のほうが、多いのです。



  都会から移住者を積極的に受け入れる土地というのは、どういう土地でしょうか?
     ↓
  人口が減ってしまい、困っている地域です。


  その土地では何で人口が減ってしまったのでしょうか?
     ↓
  お金を稼ぐことが難しいからです。



  農業が盛んな土地であるならば、お金が稼げずに人口が減るということは、有り得ないことなんです。



  つまり、農業で稼ぐのが難しい土地であるほど、住民は減り、外部からの移住者に頼らざるを得ないから、
  移住者への支援制度を整えたり、手厚い援助を与えたりするのです。

  農業で儲かっている土地ならば、跡継ぎもいますから、わざわざ外部から人を呼ぶこともありません。

  農業で儲かっている土地は、支援制度は充実していない場合が多いのです。



  ところが多くの新規就農者は、そこが「農業で稼ぎやすいか」というところには目がいかず、
  「支援制度が整っているか」「支援制度が整っていないか」といった部分だけを見てしまうのです。


  その結果、目先の支援制度につられて、
  農業では稼ぎにくい土地に移住する新規就農者が続出してしまうのです。

  その土地に代々住み続ける農家が離農し、人口が減っている状況なのですから、
  そんな土地で新規就農者が稼ぐのは、並大抵のことでは出来ません。



  この落とし穴に落ちてしまう人は、
  自治体などが主催する「農業フェア」のような田舎移住イベントを通じて就農している場合が、多いのです。

  自治体が参加するイベントは、新規就農者に成功してもらうことが、一番の目的ではありません。
  (もちろん、イベント主催者に直接尋ねたら否定するに決まっていますが)


  イベントの一番の目的は「自治体への移住者を増やすこと」です。


  田舎移住イベントの、最も大切なお客様は
  「都会に住む新規就農希望者」ではなく、「過疎化に悩む自治体」です。

  ですから、イベントを通じて就農すると、多くの場合は、
  過疎化の進んだ、移住支援制度の手厚い地域に移住し、農業をはじめることになります。

  その結果、夢に溢れた農業生活は、数年の努力の後、失敗に終わってしまうことになるのです。

  あまりに、「農業で稼ぐ」といった点からは、不利な土地に移住してしまうからです。



 「農業では稼ぎにくい土地に移住してしまうこと」
  
  これが新規就農の、一つ目の落とし穴です。

新規就農マニュアル【農業転職法】
| 新規就農マニュアル【農業転職法】 新規就農の落とし穴(1)  | - |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sinkishunou.jugem.jp/trackback/3
トラックバック