| TOP | 新規就農マニュアル【農業転職法】  農家になれば・・・ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

新規就農マニュアル【農業転職法】 新規就農の落とし穴(2)

 二つ目の落とし穴。それは、新規就農とは「起業」であるということの、意識の欠如です。

  農林水産省が発表した、2007年度の新規就農者についての調査統計があります。
  
  この調査によると、2007年度に新規就農した人は、81030人。


  そのうち、「自営農業就農者」、すなわち実家の農業を継いだ人が72350人(全体の89.3%)。

  「雇用就農者」、すなわち農業法人の従業員となった人が6510人(全体の8.0%)。

  そして「新規参入者」、すなわちゼロから始めた人が2180人(全体の2.7%)。


  これらは皆、「新規就農者」ですが、実態は大きく違います。



  実家の農業を継ぐという人は、もともと畑・機械・道具は揃っています。

  農業法人に勤める人は、サラリーマンとして農業をやっています。

  そのどちらでもない人。

  田舎に何のコネも無く、全くのゼロから農業をはじめようという人は、
  新規就農者81030人のうち、たったの2180人しかいないのです。



  これを言い換えると、2007年度の新規就農者81030人のうち、


  72350人は、「自営業を継ぐ」

  6510人は、「従業員になる」

  2180人は、「起業する」ということなのです。


  もし、あなたの実家が農家ではないのならば。
  あなたが農業をはじめるということは起業するということなのです。



  ところが、実際に農業をはじめる人で、「起業」という意識を持っている人は少ないのです。

  ほとんどの人は、「起業」しているという意識もないまま「起業」しているのです。


  しっかりと農業の勉強をしてから新規就農する人でも、
  「起業」という観点が欠けていることは、珍しくありません。


  先ほどの統計にもあったように、新規就農者の多くは「実家の農業を継いだ人」です。

  その人たちは経営をする必要はありますが起業する必要はありません。
  

  日本の農家は、99%が実家の農家を継いだ人で、自分の代で農業を始めた人ではありません。

  彼らが必要とするのは「経営」に関する情報です。「起業」に関する情報は、いらないんです。

  「1」を「2」や「3」や「10」にする知識は必要ですが、「0」を「1」にする知識は、必要ないのです。

  普通の農家は、始める段階で「1」の状態は、そろっているんです。

  つまり、畑も機械も道具も最低限はそろっている状態にあるのですから、
  「0」から「1」に進む、起業に関する技術は必要ないのです。



  しかし、ゼロからはじめる新規就農者に求められている知識は違います。
  私たちに必要なのは「0」から「1」に進むステップです。

  農業に関する書籍の多くは、農業「経営」の本であり、農業「起業」のものでは、ありません。
  勉強を重ねて、「経営」にいくら詳しくなっても、「起業」ができるわけでは、ありません。


  農業「経営」の勉強ばかりを重ね、「0」から「1」に進む段階で失敗してしまう人は、多いのです。

  「起業」という観点から勉強をしている人は、ごく少数の新規就農者だけなのです。

 
  
  「起業という自覚なしに、起業していること」
  
  これが新規就農の、二つ目の落とし穴です。

新規就農マニュアル【農業転職法】
| 新規就農マニュアル【農業転職法】 新規就農の落とし穴(2) | - |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sinkishunou.jugem.jp/trackback/4
トラックバック